日本全国に遊休農地はかなり存在します。

遊休農地が多い県、ベスト10を調べてみました。

これは令和3年12月23日の約半年前に農林水産省から報告されている資料の一部で、令和2年の遊休土地の都道府県別の面積です。

1号と2号ってなんだ?

1号は、「現に耕作されておらず、かつ、引き続き耕作されないと見込まれる農地」

2号は、「利用の程度が周辺の地域の農地に比べて著しく劣っている農地」

1号は、おそらく相続人が農地を耕作せずに放置しており、相続人も農業ではない別の仕事についている場合でしょうか。

1号遊休農地が、実質農地でない土地といえそう

1号遊休農地が多い県はどこか

この1号遊休農地のベスト10を並べてみます。

1号遊休農地の面積
1位 福島県6,553ha
2位 千葉県6,466ha
3位 茨城県5,499ha
4位 鹿児島5,425ha
5位 長野県4,097ha
6位 静岡県3,802ha
7位 熊本県3,561ha
8位 長崎県3,369ha
9位 岡山県2,904ha
10位 青森県2,829ha
令和2年時点

関東寄りの県 の合計が、26,417ha、 の合計が、18,088ha になりますので、関東から比較的近い県に、使われなくなった農地が多いことが分かりました。

関東よりに使われなくなってしまった遊休農地が多い

当社は千葉県にありますので、①~③の3県については至近なエリアですから、非常に多くの相談が見込まれます。

使われなくなった農地のご相談も増えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 右クリックできません。